トップ / 学校に関して考えていく

学校の知識を深める

学校に関して考えていく

学校を仮病で休もうとするとき

子供が学校に行きたがらないときは、その理由があります。たいていの子供は理由も言わずに、お腹が痛い、頭が痛いなどと言って仮病を使おうとします。保護者の方なら、それが体調不良でないことはわかります。しかし、無理に学校に行かせるのはあまりいいやり方ではありません。子供は親にも言いにくい理由があるから休みたいのです。もしかしたら保護者の方に話をしたいのかも知れません。多いのは、何かのトラブルがあったときやいじめの対象とされている時で、子供もどうしていいか分からないから行きたくないのです。保護者の方は子供を落ち着かせて、どんな問題があるのかを辛抱強く聞いて、対処してあげることが大切なことです。

仮病で学校を休んでしまった場合

学校生活の中ではさまざまな人間が生活をしていますから、時には行きたくない、と感じることもあるものです。そんな時、休む理由として仮病を使ってしまう、というケースも少なくはありません。この仮病を使うことで一時的に問題から逃れることができることもありますが、根本的な解決にならない場合には注意が必要です。例えば、学校でいじめにあっている、というケースでは、先生や両親も含めて適切に対処をしていかなければなりません。本人だけでは解決できない問題もありますから、大人を頼るということも頭に入れつつ行動に移すことです。

↑PAGE TOP